【新着情報】

98件中 81-90 を表示     [先頭] [前] [次] [最後]

誠に恐縮ながら、輪島漆器大雅堂では、輪島塗・漆器の買取は致しておりません。[2016-04-14 (木)]

お手持ちの輪島塗・漆器の買取を希望されるお客様より

お電話を頂戴いたします。

先代・先先代がお求めになられた輪島塗の御膳や重箱、

座卓や飾り棚などを売却したい。

誠に恐縮ながら、輪島漆器大雅堂では、輪島塗・漆器の買取は致しておりません。

もったいないー、残念です。
ぜひ日常使いにしてお使いいただきたい、とお話しします。

ご希望に添えず、申し訳ありません。

http://www.taigadou.com/voice/faq/kaitori.html

輪島は桜が満開です[2016-04-13 (水)]

輪島は桜が満開の春を迎えています。
今日は、少し曇っていますが、気温は12~13度と
春らしい陽気です。
先日、雛飾りの御問合せを頂き、写真撮りをして
HPに掲載致しました。
長らくぶりに箱を開けて見ると
細かな細工にうっとり。
小さな可愛いお道具を、器用に輪島塗にした
職人さんの苦労が目に浮かぶようです。
輪島塗雛飾り一式
http://www.taigadou.com/goods/hinakazari.html

正午過ぎに、電話が復旧し、つながるようになりました。[2016-04-12 (火)]

本日、正午過ぎに電話が復旧し、
繋がるようになりました。

電話、なおりました。

どうぞお電話くださいね。

電話が故障して不通になっています[2016-04-11 (月)]

今朝から電話が故障(?)したのか、
なぜかつながりません。
月曜なのに、申し訳ありません。
早く復旧するように、急いで直してもらいます。
メールは通じていますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

輪島漆器大雅堂・大創業セール 修了しました。有難うございます。[2015-12-20 (日)]

輪島漆器大雅堂・大創業セールは、終了致しました。

沢山のお客様にご利用を頂きまして、
誠に有難うございました。

正月には、笑顔の真ん中に輪島塗のある風景を思い浮かべると
塗師屋として、感無量です。

有難うございます。

どうぞ、メールでお問い合わせ下さいw[2015-12-19 (土)]

ついに、19日(土)20日(日)の週末は、輪島漆器大雅堂・社長以下営業員が全員出張となり、大創業セール終盤にも関わらず、会社が空っぽで、お電話でのお問い合わせがお受けできません。
誠に申し訳ございません。

ご不明な点は、どうぞメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

20日中までに頂戴したお問い合わせメールの件は、セール期間該当として、21日(月)に改めてご連絡させて頂きます。

ご不便をおかけし、誠に申し訳ございません。

まだまだ、沢山のお買い得商品がございます。
どうぞ、ご検討を賜りまして、どしどしお問い合わせ下さいませ。

心よりお待ち申し上げております。
宜しくお願い申し上げます。

輪島塗半額セール 残りわずか

初日の出を拝むのも、もうじき!今年もあと半月になりました[2015-12-17 (木)]

一年の始まりに、初日の出を見に出かける方も多いのではないでしょうか?
一年に一度の、最初の「夜明け」です。

大海原に太陽が昇る光景は、見事だろうなー、と
想像します。
(が、朝早く起きて海まで出かけて初日の出をみる、ことは体験したことがありませんー。)

日の出を豪快に描いた輪島塗の座卓あります。
こちらも、迫力があって、素晴らしいものですよw
http://www.wajimanuri.net/SHOP/188.html

輪島塗の座卓で、日の出を堪能する!

テマノビ ~手間のかかった美しさ~ にて紹介頂きました (H27/12/15放送)[2015-12-16 (水)]

内容は、時節柄、輪島塗の沈金の重箱の、製造工程です。

能登空港があるお蔭で、東京から片道1時間!日帰りで取材にこられました。
有難うございました。(取材も大変ですねー)

輪島塗について、もっと多くの方に知って頂けます様、私共・塗師屋はもっともっと広報していきたいものです。

放送は、残念ながら輪島では見られませんが、沢山の方にご覧頂けたことと思います。

(H28年用の新柄ですが、撮影に使用した年内納品可能な在庫あります、お問い合わせ下さい)
http://www.taigadou.com/tableware/200398/kotobukimatu.html

テマノビ ~手間のかかった美しさ~ の取材風景 H28 新作柄・寿松沈金 三段重箱

輪島塗の工程について、問い合わせがありました[2015-12-15 (火)]

輪島塗の工程で他産地の漆器と大きく違う部分は、下地の技法です。

1.輪島で産出される「地の粉」を、下地の漆に混ぜて強度をあげていること
2.下地の際に、傷みやすい部分に麻布を漆で貼って、強度をあげていること

これを「布着本堅地」技法と呼び、輪島塗の特色となっていて、
この技法を施していない漆器は、輪島で製作しても、輪島塗とはいいません。

また、地の粉は輪島漆器商工業協同組合にて保護されており、
組合員以外は入手できません。

輪島塗の工程は、下地の部分が大変重要です。
下地は、一度塗れば終わりではなく、地の粉の粗さを3段階に変えて
塗り、硬化、研ぎを何度も繰り返しながら、きめを整え仕上げていきます。

輪島塗は、下地の最後には、砥石で水研ぎを致します。

下地が肝心なのは、お化粧も同じですw
美しい下地が、美しい上塗りを活かします。

おめでたい扇は、日本特有の美しい形です[2015-12-14 (月)]

扇面(扇)は、日本で作られた日本特有のもので、末が広がる形から「末広」ともいい、発展や拡大を意味するえんぎのよいもの、とされている、古来より愛され続ける吉祥模様です。

扇面(扇)は、魔除けや厄除け、吉運招来など、非常に強い力をもつものとされ、謡曲・舞踊・落語などの芸能にも使われるなど、日本の生活文化の中で、重要な位置をもしめてきました。

おしとやかで、華やかで、うっとりしますw

屏風 扇面源氏香蒔絵
http://www.taigadou.com/200050/200054/b-senmen.html

屏風 扇面源氏香蒔絵

98件中 81-90 を表示     [先頭] [前] [次] [最後]